MENU

年収200万円は銀行カードローン審査の一つの目安

多くの銀行カードローンでは、貸付条件に明確な年収の条件が定められていません。その為理論上は年収がいくらの方でも申し込むことが可能となっていますが、やはり審査結果を分ける基準の一つには、年収200万円というボーダーラインが存在していると言って良いでしょう。銀行によっては目的別ローンの利用に年収200万円の審査基準を設けている場合もあり、カードローンに対しても同程度の基準が設けられている可能性が高いのです。

 

パート・アルバイトにもおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

どうして年収200万円が分岐点になるの?

年収200万円というのが審査基準の一つの目安になるのには、理由があります。銀行カードローンの審査にクリアする為には、やはり収入の安定性が不可欠です。最近の銀行カードローンはアルバイトやパート勤務の人でも融資が受けやすくなっていますが、やはり収入の安定性は正社員の人の方が上です。そして、正社員としてある程度安定した会社に勤めているなら、最低でも年収200万円程度は得ているはずだという考えが銀行側にはあるのです。

 

正社員なのに年収200万円未満の場合は?

とはいえ、勤務先によっては正社員でも年収が200万円に満たないケースもあるかもしれません。特に近年は、サラリーマンの年収がなかなか増えない状態が続いています。ワーキングプアに該当する社会人も多くなっており、必ずしも年収200万円に到達できるとは限らなくなっているのです。これは決して本人のせいではありませんが、キャッシングの審査ではやはり不利に働いてしまう可能性は否定できません。というのも、正社員なのに年収200万円未満の場合は、そもそも勤務先自体の存続が怪しいと判断されてしまう為です。

 

正社員以外でも年収200万円以上なら安心

非正規雇用の社会人が増えている現在、正社員で年収200万円というのは決して容易いとは言えないラインとなっています。しかし、パートやアルバイトでも年収200万円以上の収入を得ている方も決して少なくありません。非正規雇用で年収200万円以上稼いでいる方は、正社員に引けを取らない程度に安定的に仕事をしていると言っても過言ではないでしょう。その為、年収200万円以上なら、非正規雇用でも問題なく銀行カードローンの審査に通過出来る可能性は非常に高くなります。

 

銀行カードローンでは、雇用形態に問わず審査の結果次第で融資が行われる仕組みになっている場合が多くなっています。返済能力さえあれば問題なく融資を受けることが出来るので、やはり年収200万円というのは、審査結果を左右する重要なポイントであると言えるでしょう。どうしても年収200万円以上の収入が得られない場合は、銀行ではなく消費者金融のカードローンを利用すると良いでしょう。

 

消費者金融の審査は年収100万円未満でも通過しやすい

銀行カードローンとは違い、消費者金融のカードローンの審査基準はだいぶ甘くなっています。多くの消費者金融では年収100万円以下の人でも審査通過の事例が多々存在しており、年収がすくない方の救世主となっています。

 

年収額と信用で限度額が決まる

消費者金融の審査では、信用が融資枠を大きく左右する要素となっています。信用が高い消費者なら、限度額は50万円程度になる傾向が強いと言えるでしょう。反対に信用が乏しい方の場合は、10万円くらいまでしか借りることが出来ません。

 

信用情報がクリアで収入も安定していれば、案外たくさんのお金を借りることも可能なのです。しかし消費者金融では総量規制によって年収の3分の1までしか融資が行えない決まりになっているので、50万円の融資枠を得る為には、年収150万円以上が必要となります。

 

最低の限度額は10万円

収入状況や信用情報が優れている方なら、銀行でも消費者金融でも高額な融資を受けることは不可能ではなくなります。しかし反対に、信用が乏しい場合、限度額は最低の10万円になるのが一般的です。融資限度額10万円というのは、キャッシング会社にとってリスクを侵さずに貸しつけることが出来る金額です。

 

返済が行われなくてもキャッシング会社にとっては痛手にならない金額なので、信用が乏しい人でも10万円までなら借りられる場合があるというわけなのです。融資希望額10万円で申し込みをしても審査に落ちてしまうようであれば、信用情報に大きな問題があるか、収入の安定性が著しく欠如している等の事情があるのだと捉えておいた方が良いでしょう。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの最大の違い

銀行カードローンと消費者金融のカードローンでは、審査基準に違いがあります。一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しいと言われていますが、それ以外に、銀行と消費者金融では大きく異なっている点があります。それが、専業主婦への融資です。消費者金融には総量規制が存在している為、基本的に専業主婦の利用が不可能になっています。

 

しかし銀行カードローンは総量規制の対象外となっているので、無収入の専業主婦でも利用できる可能性があるのです。銀行によっては専業主婦の利用が不可になっていることもありますが、消費者金融に比べると、専業主婦の借り入れの可能性は大きいと言えるでしょう。

 

専業主婦の返済能力は配偶者の収入によって決まってくるわけですが、専業主婦でも利用可能な銀行カードローンでは、配偶者の同意書すら必要としない場合が多いのです。銀行カードローンは審査基準は厳しいかもしれませんが、専業主婦にとっては、消費者金融よりも利用しやすいと言えるかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日