MENU

正社員だからキャッシングの審査に通るという訳ではありません。

正社員として働いているのに、キャッシングの審査に落ちてしまうことがあります。信用情報に何か傷があるという場合が多いのですが、それ以外にも色々な原因が考えられます。

 

いくつか例に挙げるとすれば、年収が少ない、働き始めて間もない、借りる額が多額である、借りている件数が多いなどがそれに当たります。そこで、今回は、「正社員なのにキャッシング審査に通らない理由として考えられること」でまとめたいと思います。

 

年収が少ないのに、借りる額が多額である。

総量規制というものをご存知でしょうか。これは、年収の3分の1までお金を借りられるということなのですが、実際のところは総量規制ぎりぎりまでお金を貸してくれることはありません。もちろん、正社員の方でこういうケースはまれだとは思いますが、年収の3分の1が10万円くらいであれば、銀行も業者も貸してくれるかもしれません。

 

しかし、年収が600万円の人が200万円を借りたいとお願いしたらどうなるでしょう。もちろん審査に落ちてしまします。なぜ審査に落ちるのかと言えば、年収600万の人にとっての200万はとても大きな額であるのと同時に、銀行や業者にとっても返済されなかったら困る額だからです。

 

言うまでもないことですが、銀行も業者もお金を借りたいと思っている人の敵ではありません。しかし、ビジネスである以上、貸したお金が返ってこない可能性がある場合の融資はお断りせざる得ないのです。審査に落ちたくない方は、借りる額は余裕をもって大目にではなく、必要最低額ぎりぎりのところで依頼されることをお勧めします。

 

依頼額は貸せないけれど、ここまでならという感じで審査を通すことはないのですか。

それをするかどうかは、依頼先によって変わってきます。総量規制ぎりぎりの額をお願いしたら、多くの銀行や業者が慎重になり、審査の時点でお断りという結論に達します。しかし、現実を見れば、限度額内だからと審査に通すこともレアケースではあるのですが、あります。

 

これを運と言って良いのか分かりませんが、依頼主の状況にもよりますし、何とも言えないとしか言えません。時の運にかけて限度額ぎりぎりの金額をお願いするか、確実なところで必要最低限の金額をお願いするかは、依頼主の方の考え方に寄ります。しかし、この手のことで運にかけたら、お金を全く手にできないという事態に陥りかねないということを忘れてはいけません。

 

新入社員の方など、正社員ではあるけれど働き始めて間もない

普通、正社員の方はキャッシング審査に有利です。しかし、働き始めて間もない場合、あまり意味を成しません。最近の新入社員さんの中には、働き始めて3か月以内で辞めてしまう方がいるということが常識になっていますし、業界によっては3年後の離職率が半数近いというところもあるのだそうです。

 

そうなると、返済が終わるまで正社員でいてくれるかどうか分からないという考えが、貸す側に芽生えてしまうのです。もちろん仕事を辞める新入社員さんやお若い正社員さんが皆、怠惰だからというわけではないこと、銀行も業者も分かっています。ブラック企業が多くなり、仕事を続けられる環境にないという社会問題がその背景にあることは明らかです。

 

しかし、銀行や業者も怠惰によるものか、その他の理由によるものか、お一人、お一人、確認する程の余裕はありません。だから、悪い方の場合を想定して、一律に、正社員であっても働き始めて間もない人には慎重になるという対応にならざる得ず、キャッシングの審査に通りにくいという現状があります。

 

今の段階で、たくさんのお金を借りている、もしくは、借りている件数が多い

こういう状態の方は、正社員であっても、契約社員の方でも、審査に通ることはないでしょう。万が一、このような状態なのに、すんなり審査に通ったとしたら、これは何かある、危ない業者なのかもしれないと疑ってかかるべきです。

 

特に問題だとされるのは、借りている件数が多い方です

一言で簡単に言うと、多重債務と言われる状態の方です。借りている金額が同じでも、一つの銀行や業者から借りている方よりも、色々なところから借りている方の方が審査に通りにくいようです。

 

多重債務に陥ると、信用を得にくくなります

多重債務になる方は、どちらからも小さい額しか借りられなくなっているはずです。(ここで言う小さい額と、一つの業者さんからいつもお金を借りている方の金額よりもという意味です。)どの業者さんもあまりお金を貸さないということは、これ即ち、どの業者さんもその人を信用できない人だと考えているという証拠です。だから、信用を得られる業者さんがいたら、あちこち浮気せず、一つのところに借りているお金をまとめましょう。

 

借りているお金をまとめて、大きくなった金額を見るよりも、小さな金額を見ていたいという人の心理は分かりますが、キャッシングの審査には良くない影響を与えます。ということで、多重債務者だけれど、正社員だから審査は大丈夫なんてことはありません。

 

事故情報の記載が、個人信用情報にある

異動情報とも呼ばれる事故情報とは、自己破産、任意整理などの債務整理の記録のことを言います。事故情報の記載が個人信用情報にあれば、正社員であってもなくても、関係ありません。事故情報が大きなものであればある程、審査には影を落とします。

 

ブラックリストはダメ!ほぼお金は借りられません

事故情報は、ブラックリストと言った方が、一般の方には、分かりやすいかもしれません。これがあれば、ほぼキャッシングの審査は通らないことでしょう。とはいえ、ブラックリストは永遠のものではありません。JICCやCICであれば5年間、全国銀行個人信用情報センターは10年間、記録されていると言われています。

 

その期間を過ぎれば、ブラックリストは消えます。事故情報は、前述したもの以外に、代位弁済、重度遅延、強制解約などもそれに該当します。身辺は常日頃から綺麗にしておきましょう。事故情報があれば、正社員であっても容赦なく審査から落ちます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日