MENU

時効などはあるが、まず不可能です

ニュースなので「時効まであと○日」ということを報道していることがありますが、時効というのはこうした刑事事件にかかわらず、有効なものが一定の期間経つと消えるということを指しています。時効には取得時効と消滅時効という2つの時効が存在します。取得時効というのは、時間が経てばその人のものになるという時効です。土地などを借りていて一定期間経てば自動で借りていた人のものになるというようなケースです。

 

消滅時効は主に債権に関してのお話です。借金は一度借りると返済しなければなりません。しかし、借入後一定期間が経つと、相手側に返済を求める権利そのものがなくなってしまうのです。民法上は10年間の権利行使をしなければ、消滅時効が適用されて借金はなくなるということになっています。

 

商行為の一環として生じた借金、つまりこの場合は消費者金融のお金となりますが、会社の商品として貸したお金は5年以上経つと消滅時効が適用となりますので、踏み倒せると思った方は多いかもしれません。しかし、実際にこの消滅時効を使って借金を踏み倒すのは想像以上にハードルが高いということを覚えておいてください。

 

時効の援用

時効の援用という言葉があります。これは「時効なので返済しません」ということを、お金を貸した側に借りた側が宣言して、相手がこれを認めることです。これがないと5年経っても時効は適用されません。双方が合意の上で借金を無くすのですから、こんなにやりにくい方法はありません。最後の借金返済後丸5年以上が経過していることがひとつのポイントとなります。

 

時効の中断があるということも大切なことです。これは相手が借りた側に返済してくださいという要求をした時点で時効は中断します。返済請求、差し押さえ・仮差し押さえ、仮処分など、行政手段を行使された場合においても時効は中断されます。借金の一部を途中で返済した、電話で「今はお金がないので返済ができない」と話し合っているときなども時効中断の要件となります。時効が中断されると、なんと時効はリセットされます。

 

もし最後の借金返済から丸4年11ヶ月経って、残りあと1ヶ月というところで時効中断されると、また5年経つまで時効は適用されなくなります。ですから、借りた側がなんらかのアクションを起こした時点で時効は中断されるものと思って間違いありませんので、踏み倒すというようなことがいかに難しいかお分かりになると思います。基本的に、借金を合法的に踏み倒すなどというようなことは現実的に不可能なことなのです。

 

信用情報への記載

普通に考えても、消費者金融がお金を貸したまま5年間何もしないということはありません。途中で何らかのアクションは必ず起こしてきますので、お金がないから今は払えませんと言い続けて5年間逃げて時効を迎えるなどということは、不可能であるということをよく覚えておいてください。

 

しかも5年以上の延滞ですと、信用情報機関に間違いなく登録されてしまいます。数ヶ月の滞納で載るようなものですから、5年間近くの延滞ということになると、まず間違いなく登録されるでしょう。その間、返済や債務整理を一度も行わなかったというようなときには、その情報というのはずっと登録されています。

 

消費者金融からお金を借りようとしても難しくなりますし、色々な生活上のローンやクレジットカード、車のローンなども組むことができなくなります。これらの情報に登録されると、自分から何らかのアクションを起こして返済に関することをいろいろ模索して行わないと、時効を迎えて借金が帳消しになるというようなことはありませんので、消滅時効による返済帳消しなどということは考えないほうがよいでしょう。

 

まかり間違って、5年間、何も返済の催促がなく、時効が成立したということがあったとしましょう。その場合には時効の援用をし、成立した段階で延滞情報は綺麗サッパリ消えてなくなります。ただ、5年経ったらブラックリストからすぐに情報が消えるということではなく、1ヶ月から1年ぐらい消えるまでかかってしまうということがあります。

 

平成24年度の貸金業者へのアンケートですと、7%程度の人が長期滞納している人というデータがあります。借金で困っていて催促があるのにずっと長期滞納して逃げているような人は、弁護士さんなどに相談して、早めに債務整理の算段をつけるなどし、時効を期待するのではなく、自分の力で何とかするようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日