MENU

基本的には本人確認のできる運転免許証だけでOK!

キャッシングをしたことのない方には意外かと思われますが、会社員などがキャッシングを利用する際に必要なのは、本人確認のできる証明書のみです。殆どの方が運転免許証を持っておられるでしょうし、それが一番メジャーですので、運転免許証さえあれば大丈夫だと、覚えていれば結構です。

 

しかし、当然と言えば当然ですが、その他の書類も必要になる場合もありますので、そちらの方を今回はご紹介させていただきます。

 

収入証明書が必要になる場合

多くの方が、キャッシングには収入証明書が必要だと思われているかもしれません。収入証明書は必要な場合が限られていまして、会社員の方ならば、消費者金融を利用する際に50万円以上を融資してもらう場合に必要になり、銀行カードローンを利用する際には、300万円以上を借入するときに必要になります。

 

逆に言えば、これよりも下の金額を借りるのであれば、一切不要だということです。また、銀行カードローンの中には、100万円以上、200万円以上の場合に収入証明書が必要になる銀行もあります。ですが、これらは基本例外だと考えておけば大丈夫ですし、気になるのであれば、公式ホームページなどで調べて頂ければ、必ず記載されているはずですので、そちらでご確認ください。

 

自営業や法人経営者の場合

これらの場合には、上記の金額よりも少額の融資を受ける場合であっても、収入証明書は必要になります。カードローン審査の場合は、自営業などはかなり不利な立場にあるため、というのが理由です。収入証明書として提出できる書類は豊富にあります。確定申告書、所得証明書、納税証明書、課税通知書、住民税決定通知書、などなどまだまだたくさんありますが、メジャーなところはこれぐらいです。

 

中でも所得証明書は、その年の一年分の源泉徴収をまとめた証明書、となりますので、自営業やフリーランスの方にとっては、かなりありがたい書類になります。ですので、発行する機会も十分にありますし、審査の際にも役に立つので、これを使う人が多いようです。

 

収入の無い専業主婦がキャッシングを利用する際に必要な書類

専業主婦であっても、キャッシングの利用は可能です。しかも、本人確認の書類も、そもそも収入もないので、所得証明書も必要ありません。かなり楽に借りられるのですが、他のキャッシングとは違って、独自に必要になる書類があります。

 

また、キャッシングを受けられるのは、銀行カードローンのみです。消費者金融からは収入が無い時点で融資を受けられないものだと考えて頂けるとベストです。

 

主婦にもおすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

配偶者の同意書

まず、必要となる場合があるのが、この配偶者の同意書です。簡単に言えば、夫の同意書です。これが無ければ、キャッシングができない銀行はいくつかあります。ですが、中にはこれが不要な場合もあります。むしろ、最近ではこの配偶者の同意書がいらないケースの方が増えています。

 

配偶者の同意書を貰う、ということは、夫にキャッシングを利用することを知られることです。キャッシングを利用するならば、できるだえ夫に知られたくないというのが、一般的な考え方だと思われます。夫も、自分の収入からキャッシングの返済に利用されるとあれば、反対したくなる気持ちもよく分かります。

 

ですので、銀行側もこのような方が多いことを見越してか、配偶者の同意書を不要なものとして扱い、利用者を増やそうとしているのです。

 

住民票が必要になる

専業主婦がキャッシングを利用する際に必ず必要になるのは、住民票だけです。住民票を提出する意義は、夫との婚姻関係を証明することです。そのため、実際は住民票以外の、婚姻関係を証明できる書類、戸籍謄本などでも大丈夫です。しかし、銀行側も住民票の方が見慣れていますし、住民票は簡単に発行してもらえるので、利用者の楽さを考えれば、住民票が一番だと言えるでしょう。

 

また、事実婚などの場合であっても、お互いの関係を証明する必要があります。その場合には、事実婚契約書、内縁契約書などを役所からもらうか、続柄部分に「夫(未婚)」などと明記された住民票を提出すれば大丈夫です。

 

配偶者の同意書の書き方

運よく配偶者の同意書を夫からもらえる場合、配偶者の同意書は自作してもらっても構いません。ですが、かなりの手間ですし、審査落ちしてしまう理由にもなりかねません。ですので、一般的には、銀行カードローンがホームページなどに用意してある同意書をダウンロードしていただいて、それを印刷して必要事項を書き込む、と言う方法を取ることが多いでしょう。

 

こちらならば確実ですので、配偶者の同意書を書くのであれば、それを利用しましょう。一番楽なのは、同意書無しの場合ですので、そちらを利用するに越したことはないとも覚えておいたほうがいいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日