MENU

おまとめローンの審査に落ちた場合は?

複数の借り入れを1本化するおまとめローンですが、もちろん必ず審査を通るというものでもありません。おまとめローンを申し込む人は既に複数の会社からの借り入れがあるのが当たり前なので、その総額や件数がそれほど問題になることはありませんが、やはりあまりにも借り入れ総額や件数が多過ぎると判断された場合は審査で落とされてしまうことになります。また他にもこのおまとめローンの審査で落とされてしまうケースがあります。それらについて見ていきます。

 

総額がどれくらいまでなら審査に通る?

概ね300〜500万円までの借り入れ総額であれば、きちんとした定期的な収入がある場合はまずこれが原因で審査を落ちるといったことは無いでしょう。またきちんとした収入が無い人ではそこまでの借り入れは行えません。ですので問題があるとすれば、むしろそれ以外の面です。

 

通常のキャッシングの審査でも同じですが、過去に支払いが滞ったようなことがある人は審査で厳しく見られる傾向があります。特に担保を必要としないフリーキャッシングでは、その人を信用してお金を貸しています。その信用を裏切るような行為に対して厳しくなるのは当然だといえます。

 

この支払いについての情報は信用機関に記録されているので、審査では必ずそれを確認します。まとめようと思っている借り入れの中やその他の他社で過去にそのような返済を遅延したようなことがあった場合、借り入れ総額や件数に関係なく、審査を通らない可能性があります。

 

出来れば融資したいと思っています

おまとめローンを申し込まれた業者側も、出来れば融資を行いたいと思っています。それは他社の利用者をまとめて獲得できるというメリットがあるからです。また融資金額も高額になるため、通常のキャッシングを申し込まれるより利益も上がります。

 

ですがそれはきちんと返済を行ってもらえることが前提です。本人の返済能力と照らし合わせて返済される可能性が低いと判断されてしまうと、審査で落とされてしまいます。貸し倒れになってしまっては、元から融資をしなかった方がよかったことになります。

 

ですのでおまとめローンの審査に落ちてしまった場合、既に多重債務状態に陥っている可能性があります。自力での返済が困難だと思われたためにこの審査を通らなかったということなのです。

 

銀行を利用した方が金利が低くなります

消費者金融と比べて銀行の方が金利が低いのは言うまでもありませんが、これはおまとめローンの場合でも同じです。できれば消費者金融より金利の低い銀行のおまとめローンを利用したいところですが、審査の厳しさも通常のキャッシングと同様に銀行の方が厳しくなります。

 

おまとめローンでは消費者金融でも通常キャッシングより審査が厳しいですが、銀行ではより厳しい審査を受けると思ってください。逆に考えた場合、銀行でおまとめローンが組めるということは、まだ自力で充分に返済していけると判断されたということになります。

 

おまとめローンの審査に落ちる原因

銀行の場合は元々審査が厳しいため、消費者金融であれば審査に通るような場合でも落とされてしまうことが少なくありませんが、消費者金融でもおまとめローンの審査に落とされてしまった場合、原因はその借り入れ総額より、やはり信用情報の可能性が高いと思われます。

 

具体的には上でも書いたようなキャッシングの借り入れの返済に対する遅延、同様にクレジットカードの支払いの遅延や未払いですが、こればかりはどうしようもありません。消費者金融でもおまとめローンの審査に通らなかった場合、債務整理を行うしかないかも知れません。

 

債務整理とは?

債務整理を行うことで、現在の借り入れ総額を数分の1に減額することができます。もちろん残った分は返済していきますが、これまでよりかなり返済が楽になります。これにはいくつかの手段がありますが、個人再生という方法をおすすめします。これは裁判所を通して行う債務整理で、現在の借り入れ総額が1/5程度まで減額されます。そしてそれを返済中に発生する今後の金利も免除されます。

 

これを行うことで返済中はもちろん、その後返済が終了してから最低5年間は新たな借り入れやクレジットカードを利用することができなくなりますが、膨大に膨れ上がってしまった借り入れを返済するには大変有効な手段だといえます。消費者金融のおまとめローンの審査に落ちてしまった場合は自力での返済は難しいと判断された可能性が高いので、この債務整理を行うしか無いかも知れません。そのまま多重債務状態のままでは普段の生活にも影響が出てしまいます。この個人再生を行うことを考えてみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日