MENU

希望額は低くすることがポイントです

初めてキャッシングを利用する時は、限度額は最小にしておくと通りやすいです。キャッシング会社は、総量規制といって年収の3分の1までしか貸し付けができないという規制があります。年収の低いパートの主婦や学生の場合は、限度額は10万円が妥当と言えるでしょう。

 

「もうちょっと借りたい」「最大500万円までと書いてあるのに」と、思う方もいるでしょうが、年収が200万円以下では信用されないのが現状なのです。10万円以上借り入れを希望する場合は、真面目に借り入れと返済を繰り返して実績を作ってから限度額を増額してもらいましょう。

 

普通の最低ラインは30万円

正社員や公務員といった属性の高い職業で、勤続年数が長い方であれば、最低限度額は30万円となるのが一般的です。このラインであれば、在籍確認の電話や収入証明の提出不要で即日融資ができます。しかし、審査結果によっては、在籍確認が必要となる場合がありますし、審査基準も各金融業者によって少しずつことなります。

 

総量規制によります

銀行のカードローンは、総量規制対象外となっています。そのため銀行のカードローンは、300万円までであれば収入証明書の提出不要となります。しかし、キャッシング会社の場合は、50万円までが収入証明書不要金額となっています。また、専業主婦でも借り入れができるのが銀行のカードローンです。

 

借入希望額も審査に影響しています

申し込みをする際に、希望借り入れ額を入力する欄があります。例えば、プロミスの場合は、今回のお借り入れ額という小目に最高限度額500万円までの範囲で希望する金額を入力することができます。どこで借り入れをする場合でも、契約時に希望する借り入れ額や限度額を申告する欄があります。

 

希望借り入れ額というと、好きな金額を申告してもいいのかなと、思ってしまいますが、審査に通ることを最優先にする場合は、希望融資額を低めに設定することがポイントです。希望額は、30万円以下にしておくと、心証もよくなり審査に通りやすくなります。

 

意外なデータ結果

審査には特に大きな影響を与えないと思ってしまう「希望額欄」ですが、無意識に分不相応な金額を入力している人は、延滞する人が多いという驚きのデータがあるようです。人の無意識がはっきりとした金額という形で現れる希望限度額記入欄は、恐ろしい引っかけ問題のようなものです。申し込みの際には、希望額は謙虚に少額にしておきましょう。

 

女性専用などのローン

女性でも借りいやすいとか、学生でも借りれるといった少額のカードローンは、親切で優しいイメージがありますが、よくよくサービス内容を読んでみると大したことがなかったりします。

 

意外と高金利でびっくり!

キャッシング会社の金利は、高くても18%とですが、少額融資専門のところだと、金利が20%と高金利のところが目立っています。月収が足りなくて、キャッシングをしても金利が高過ぎたらバカらしいですよね。少額だと、20%の金利でもそれほどキツく感じないところを上手く突いた商売をしているとしか思えませんよね。

 

月々の返済額は低くしたい?

月々の返済額が大きくなれば当然、利息も高くつきます。生活が苦しくなるようでは、キャッシングはしない方がいいですよね。例えば、ソニー銀行のカードローンは、万円以下の借入で、最低返済額が、2,000円となっていますので、OLさんでも返済していきやすいですよね。しかし、返済額が少ないということは、返済期間が長くなるということになり、利息もそれだけ多く払うことになります。

 

銀行のカードローンがいい?

月々の返済額を少なくしたいうえに、金利もなるべく低くしたいとなると、キャッシング会社よりも、銀行のカードローンが適しています。三井住友カードのゴールドローンは、金利が3.5%〜9.8%と低い金利が魅力となっています。カードレスで借り入れをすると、金利が3.5%〜9.2%と更に低くなります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日