MENU

キャッシングの使い方はここでわかる!

キャッシングをしたことのない方には意外かと思われますが、会社員などがキャッシングを利用する際に必要なのは、本人確認のできる証明書のみです。殆どの方が運転免許証を持っておられるでしょうし、それが一番メジャーですので、運転免許証さえあれば大丈夫だと、覚えていれば結構です。しかし、当然と言えば当然ですが、その他の書類も必要になる場合もありますので、そちらの方を今回はご紹介させていただきます。収入証明書が...

どんな働き方をしていたとしても、お金が急に必要になるのはみんな同じこと。フリーターだって例外ではありません。では、フリーターの人達が「今日、借りたいな」と思った時。どこで借りるのが正解なのでしょうか。それは、消費者金融です。でも、「銀行カードローンでも金利のいいキャッシングができた気がする」と思われるかもしれません。もちろん、その通りなのですが、難点は審査が厳しく時間がかかるという点です。「今日、...

ニュースなので「時効まであと○日」ということを報道していることがありますが、時効というのはこうした刑事事件にかかわらず、有効なものが一定の期間経つと消えるということを指しています。時効には取得時効と消滅時効という2つの時効が存在します。取得時効というのは、時間が経てばその人のものになるという時効です。土地などを借りていて一定期間経てば自動で借りていた人のものになるというようなケースです。消滅時効は...

借入件数を減らすことは、一般的には審査に通りやすくなる条件だと言われています。そのため、おまとめローンで借金を一本化した後に新規のキャッシングを申し込もうとする方もいらっしゃいます。そのような方の場合、おまとめローンをするさいにも、銀行ではなく消費者金融を利用することをオススメします。審査に通りやすいのはおまとめローンでも変わらないおまとめローンで借金を一本化した後に新規のキャッシングを申し込みた...

多くの銀行カードローンでは、貸付条件に明確な年収の条件が定められていません。その為理論上は年収がいくらの方でも申し込むことが可能となっていますが、やはり審査結果を分ける基準の一つには、年収200万円というボーダーラインが存在していると言って良いでしょう。銀行によっては目的別ローンの利用に年収200万円の審査基準を設けている場合もあり、カードローンに対しても同程度の基準が設けられている可能性が高いの...

複数の借り入れを1本化するおまとめローンですが、もちろん必ず審査を通るというものでもありません。おまとめローンを申し込む人は既に複数の会社からの借り入れがあるのが当たり前なので、その総額や件数がそれほど問題になることはありませんが、やはりあまりにも借り入れ総額や件数が多過ぎると判断された場合は審査で落とされてしまうことになります。また他にもこのおまとめローンの審査で落とされてしまうケースがあります...

キャッシングを行うには審査に通る必要があります。そしてその審査項目は多岐に渡ります。年収がどれくらいあるのか?、どれくらい長く勤務先に勤めているのか?、持ち家はあるのか?、結婚しているのか?、健康保険は何に入っているか?・・・など。これらはどの項目も重要なのですが、今回はお仕事に関する項目を主に取り上げてみたいと思います。すなわち、年収・勤続年数・勤務先、の計3項目です。年収・勤続年数・勤務先、の...

正社員として働いているのに、キャッシングの審査に落ちてしまうことがあります。信用情報に何か傷があるという場合が多いのですが、それ以外にも色々な原因が考えられます。いくつか例に挙げるとすれば、年収が少ない、働き始めて間もない、借りる額が多額である、借りている件数が多いなどがそれに当たります。そこで、今回は、「正社員なのにキャッシング審査に通らない理由として考えられること」でまとめたいと思います。年収...

初めてキャッシングを利用する時は、限度額は最小にしておくと通りやすいです。キャッシング会社は、総量規制といって年収の3分の1までしか貸し付けができないという規制があります。年収の低いパートの主婦や学生の場合は、限度額は10万円が妥当と言えるでしょう。「もうちょっと借りたい」「最大500万円までと書いてあるのに」と、思う方もいるでしょうが、年収が200万円以下では信用されないのが現状なのです。10万...